日焼け止めクリームで肌荒れすることなく効果的に紫外線対策できるのが飲む日焼け止めサプリnoUV(ノーブ)です。



■身体の抗酸化力アップで日焼け止め

日に焼けて肌色が茶色くなるのはメラニン色素が原因。「紫外線を浴びる=メラニン色素が分泌される」といった関係があるわけですが、もう少し詳しく見ると活性酸素がかかわっています。
紫外線を浴びるとまず、肌の中で生成されるのがメラニン色素ではなくて活性酸素です。活性酸素は紫外線のダメージから肌を守る役割を持っているわけですが、紫外線同様、攻撃力が強すぎるという欠点を持っています。



紫外線の影響をキャンセルするだけじゃなくて、勢い余って正常な肌組織も攻撃してしまい、結局、肌にダメージを与えてしまうんです。メラニン色素は正確には、紫外線ではなくて活性酸素から肌を守るために分泌されているんです。
活性酸素の分泌を抑えたり、活性酸素の生成量を抑えることで、メラニン色素の分泌量も減らせるわけですが、ここで期待できるのがポリフェノールの効果です。



ポリフェノールは主に植物に含まれる成分で、強い抗酸化作用を持っているのが特徴です。植物の場合も人間と同じく紫外線を浴びると活性酸素が生成されてしまうものの、メラニン色素を分泌する機能はありません。
その代わりに抗酸化作用のあるポリフェノールを使うことで活性酸素のダメージをキャンセルしているんですが、ポリフェノールの効果は私たちの肌でも期待できるんです。



noUV(ノーブ)には、様々な植物の中でも特に抗酸化作用の強いポリフェノールを含んでいるポリポディウムリュウコトモスなどをPLエキスとして凝縮。
ポリフェノールは体内への吸収率もきわめて高いので、飲んで30分もすれば体の隅々にまでいきわたり、紫外線対策効果を発揮してくれるんです。




■肌の糖化にも気を付けよう

noUV(ノーブ)のような飲む日焼け止めであれば、何度も塗り直す必要はありません。特にプールの場合だと「日焼け止めを落としてからプールに入って下さい。」と注意されることが多いですが、noUV(ノーブ)ならいちいち流す必要はありません。
何よりも、水で日焼け止めが洗い流される心配がないので、膿やプールに入っている最中に日に焼けてしまうことがなくなるのが良いですよね。



noUV(ノーブ)を使えばばっちり日焼け止め対策ができるわけですが、肌色が茶色くなってしまう原因は紫外線以外にも肌の糖化も考えられます。
糖質を食べ過ぎ、活性酸素が体内で糖質を酸化させるとメイラード反応を起こします。パンをトーストしたような感じで茶色っぽく変色してしまうので、糖質の摂りすぎにも気を付けるようにしましょう。




■noUV(ノーブ)の効果的な飲み方

noUV(ノーブ)はどんなふうに飲むと効果的なのかというとポイントは2つあります。


1.紫外線を浴びる30分前に飲む

noUV(ノーブ)は即効性があるのが特徴です。ただ飲んですぐに日焼け止め効果が現れるわけではなく、少なくとも30分は見たほうが良いです。
遅くとも40分くらい待つようにすれば、noUV(ノーブ)の効果で、紫外線の影響を和らげてくれますよ。



2.2時間おきに飲む

noUV(ノーブ)の効果が続くのは長くとも2時間です。飲んだらすぐに効果が現れる分、2時間過ぎると急激に効果が下がってしまうので、きっちり時間を見て飲むようにしましょう。



3.1日5粒まで

noUV(ノーブ)に含まれる主要な成分「ポリポディウムリュウコトモス」(シダエキス)は、それほど危険性は高くはないものの副作用があることがわかっています。
1,2粒飲んだくらいでは全く問題ないですが、1日の飲む量は最大でも5粒くらいに抑えておいたほうが良いです。時間に換算すれば約10時間といった具合ですね。




飲むだけで手軽に紫外線対策できる飲む日焼け止めサプリnoUV(ノーブ)の効果を1粒80円の最安値で試してみるにはこちら
↓↓↓










ペネロピムーンジュノア
マルガレッタ 口コミ